斡旋

あなたが原告であろうと被告であろうと、調停プロセスは、相互に合意した中立的な第三者調停人の支援を通じて、費用対効果の高い合理的な解決策を交渉するのに役立ちます。中立的な調停者は、あなたとあなたの敵対者が納得のいく解決策を見つけるのを助けます。訴訟や仲裁とは異なり、調停では当事者が結果をコントロールすることができ、当事者は真のニーズと利益に対応した解決策に自由に移行することができます。ビジネスに適した解決策を作成することができ、本格的な訴訟の不確実性、リスク、コストを回避することができます。



斡旋

専門家

Michelle M. LeCointe

顧問弁護士

Michelle M. LeCointe

Michelle LeCointe's practice centers on U.S. and international IP strategies and patent procurement as well as IP agreements for a broad array of technologies, with a focus on pharmaceuticals, biologics, medical devices, and rechargeable batteries. She also has substantial experience in corporate IP due diligence, U.S. and international post-grant contested proceedings, non-infringement and invalidity opinions, and patent litigation.

 Michelle received a B.A. (magna cum laude) in Biochemical Sciences from Harvard University, in 1997. She received her J.D. from Columbia Law School, as a Harlan Fiske Stone Scholar, in 2000.

ティモシー・L・ボラー

パートナー

パートナー

ティモシー・L・ボラー

ティム・ボラーの弁護士業務は、電気特許出願および知的財産権訴訟に重点を置いています。1986 年にカンザス大学で電気工学の理学士号を取得し、1994 年にジョージタウン大学法センターで法務博士号を取得しました。

代替エネルギー, コンシューマープロダクツ&サービス, 電気工学, ナノテクノロジー, ソフトウェア&インターネット, テレコミュニケーション
知的財産権契約とライセンス、知的財産権訴訟と執行、調停、特許、戦略的カウンセリング、営業秘密
ウィリアム・O・フェロン・ジュニア

顧問弁護士

顧問弁護士

ウィリアム・O・フェロン・ジュニア

ビル・フェロンは、30年以上にわたり、北西部の大手クライアントの特許、商標、著作権問題の相談に乗り、戦略的保護、ライセンシング、紛争解決、訴訟、調停に重点を置いてきました。




斡旋
近況
訴訟ニュース
https://assets-global.website-files.com/5f15f11facaf57517589d0e3/5f1874c85b1f36696698874f_Medical-1.png

原告が特許侵害訴訟を取り下げる