すべての投稿に戻る

2020年7月28日

2019年11月13日

シード知的財産弁護士がBIO-IPCC秋季カンファレンスに出席 - 11月18日~20日

種子知的財産弁護士ダニエル・P・オブライエン博士は、11月18~20日にテネシー州ナッシュビルで開催されるBIOのIPカウンセル委員会会議(BIO-IPCC)秋季会議に出席する予定です。BIO IP カウンセル委員会は、BIOメンバーの中核研究開発企業に雇用されている200名以上の知財専門家で構成されています。委員会は年4回(通常は四半期に1回)開催され、そのうち2回は対面で開催されます。ワーキンググループは、その場しのぎで、または論文、書簡、その他の通信にコメントを与えるために、年間を通じて会合を開きます。

BIO IP カウンセル委員会の会議・会議は、BIO 会員(BIO IP カウンセル委員会のメンバー、コア R&D 企業、BIO 会員の法律事務所やその他のサービスプロバイダ)へのサービスとして 2004 年に開始されました。 会議には2つの部分があります。1)会員はBIOからの最新情報を受け取ることができ、業界の仲間同士で最近の課題や経験について話し合う機会を持つ1~2回の委員会会議と、2)知的財産分野の専門家である法律事務所が主催する教育セッションで、BIO会員が業界の最新の問題やイベントについて最新の情報を得られるようにしています。 2009年には、中核的な研究開発企業、政府、学術機関、サービスプロバイダを含むBIOの非会員にも会議が開かれました。

シードIPからの参加者:
Daniel P. O'Brien, Ph.D . | Associate, Seed IP Law Group LLP

BIO IP Counsels Committee Fall Conference - 11月18日~20日の公式ウェブサイトとアジェンダ

BIOについての詳細はこちらをご覧ください。

近況