シードIPにおける多様性

Seed IP Law Group は、組織全体で多様性とインクルージョンに取り組んでいます。当事務所は、このコミットメントが、当事務所の従業員と当事務所の継続的な成功にとって非常に重要な創造性と革新性の鍵であると認識しています。当事務所は、これまでも、そしてこれからも、ダイバーシティとインクルージョンをコアバリューとして、その恩恵を受け続けます。

コアバリューとしてのインクルージョン

"国内トップの知財弁護士の多様なグループを継続的に採用し、雇用し、維持していくことは、当事務所の長期戦略計画の中核的な要素の一つです。私たちは、多様で包括的な環境を創造してきたことを非常に誇りに思いますし、今後も創造していきます。

"当事務所の構成は、今日の世界の複雑さと多様性を反映しています。当事務所の法的・技術的専門知識は、多国籍企業から女性やマイノリティが経営する米国の企業まで、幅広い文化的・ビジネス環境での経験によって補完されています。

"異なる視点、経験、意見を持つシードIPの多様な人々のグループは、イノベーション、成長、相互尊重の文化を育むのに役立っています。"

"当事務所の顧客層が多様化する中、多様な弁護士、エージェント、スタッフを雇用し、維持することは、グローバル市場でクライアントが直面する様々な課題を理解し、解決するのに役立ちます。"

表彰・表彰

*100名以下の弁護士を擁する米国の法律事務所

チームに参加する

Seed IPでは、知的財産権のあらゆる分野で多様なクライアントを代表するために必要な背景と経験を持つ弁護士と一対一で仕事をすることになります。私たちは、Seed IPの知的財産法のエキサイティングでテンポの速い世界の一員になっていただきたいと考えています。

キャリアを探る