パートナー

翔子 I. リーク

電子工学、電気通信、光学、ソフトウェア、機械工学に関する特許出願の準備と実務を担当しています。また、特許や商標を含む一般的な知的財産問題に関するカウンセリング、戦略的な特許ポートフォリオの構築、特許ポートフォリオのデューデリジェンスレビュー、特許侵害や有効性に関する意見書の作成、特許主張資料の作成、知的財産権のライセンス交渉や契約など、幅広い経験を持っています。1998年にワシントン大学で物理学の学士号を取得し、1997年にワシントン大学ロースクールでJ.D.を取得しました。

Shoko has extensive experience in drafting and prosecuting patent applications in electronics, telecommunications, optics, medical devices, software, and mechanical engineering fields, developing strategic patent portfolios, preparing patentability, non-infringement, invalidity, and due-diligence reports and opinions, preparing patent assertion material, negotiating and drafting intellectual property license agreements, and clearing and registering trademarks.

ワシントン大学ロースクール

J.D. 1997

University of Washington

Physics

B.S. 1998

Waseda University (Tokyo)

Political Science and Economics

B.A. 1990

Shoko is admitted to the Washington State Bar and is registered to practice before the U.S. Patent and Trademark Office. She is a member of the American Bar Association, Washington State Patent Law Association, King County Bar Association, and American Intellectual Property Law Association.

動画

栄誉と賞

The Best Lawyers in America® 2015-2021に掲載されました。

おすすめ、IAM特許1000、審査。ワシントン、2017-2020年