特許代理人

ポール・D・ベンデミア

主に電気工学、電子・半導体分野の特許準備および出願業務を担当。2000年に南カリフォルニア大学ロサンゼルス校で電気工学の学士号を、2003年に台北の国立台湾大学で電気工学の修士号を取得しています。

Seed IPに入社する前は、台北のタッチスクリーンメーカーで知的財産担当のシニアマネージャーを務め、台湾企業の特許出願を管理する多国籍チームを率い、サニーベールではパートナーを務めた。また、新竹の大手半導体メーカーで社内特許代理人として、発明のマイニングと特許準備を担当しました。それ以前は、台北のIPブティックで6年間特許代理人を務め、電子回路、電気通信、タッチ、ソフトウェア、光学ビジョン等の様々な技術分野で60件以上の特許を準備し、出願していました。

国立台湾大学(台北) - M.S.E.E.E.2003
南カリフォルニア大学(ロサンゼルス) - B.S.E.E.2000

米国特許商標庁に登録しています。ワシントン州特許法協会(WSPLA)会員。

動画

栄誉と賞