ネイサン(ヒョンギュ)・リー

Nathan Leeは、電気工学とコンピュータサイエンスに関連する技術の特許出願を中心に活動しています。2008年にソウル国立大学で電気・コンピュータ工学の学士号を取得し、2014年に韓国オープン大学で法学学士号を取得しました。ネイサンは、カリフォルニア大学バークレー校ロースクールで法学修士号(LL.M.)を取得しました。

電気通信、ディスプレイ、半導体、コンピュータソフトウェア、医療機器に関連した特許出願の実務経験があります。

Seed IPに入社する前、Nathanは韓国のKim & Chang法律事務所で弁理士として8年間勤務しました。ここで彼は多くの特許出願とオフィスアクションの回答を起草した。また、韓国の知的財産制度と特許出願戦略について、国内外のクライアントにカウンセリングを行った。また、半導体企業の特許状況分析レポートも作成しました。また、韓国特許審判院では、特許無効事件の準備書面を作成し、弁論を行いました。

カリフォルニア大学バークレー校ロースクール

法学修士(LL.M.)2018 - 法と技術の専門性証明書


韓国国立放送大学

2014年 法学学士(LL.B.)取得


ソウル国立大学

電気・コンピュータ工学

B.S. 2008

ネイサンは、カリフォルニア州弁護士であり、米国パテントバーにも合格しています(米国特許庁で業務を行うための限定的な承認を受けています)。また、韓国弁理士会にも所属しています。

動画

栄誉と賞