パートナー

ケバン・L・モーガン

ケバン弁護士は、電気工学およびコンピュータ・ソフトウェアに関する米国および外国の特許実務に重点を置いており、IP契約やライセンシング、戦略的ポートフォリオ管理を含む。1993 年にユタ州立大学で電気工学の理学士号 (magna cum laude ) を、1993 年にユタ州立大学で教養科学の理学士号 (B.A.) を取得し、副専攻は歴史とポルトガル語です。1996 年にワシントン大学ロースクールで J.D. を取得しています。

ケバンは、電気工学、電気通信、RFID、ソフトウェア、インターネット、医療機器技術など、さまざまな技術の特許審査および権利行使を中心に業務を行っています。彼は、米国と海外の両方で特許、商標、および著作権を取得し、執行する際の完全な指導を提供しています。Seed IPに入社する前は、シアトル地域の別のIPブティック法律事務所のパートナーとして、20年間特許を出願していました。それ以前は、スペース・ダイナミクス研究所の電気技術者サポート技術者として、上層大気研究のためのデータ処理ソフトウェアを書いていました。

1996年
ユタ州立大学 - 電気工学 - B.S. (magna cum laude) 1993年
ユタ州立大学 - リベラルアーツと科学(歴史とポルトガル語の副専攻) - B.A. 1993年

ワシントン州で弁護士として認められ、米国特許商標庁に登録されています。ワシントン州特許法協会、米国弁護士協会、キング郡弁護士協会の会員です。連邦巡回区控訴裁判所、第九巡回区控訴裁判所、ワシントン東部地区連邦地方裁判所、ワシントン西部地区連邦地方裁判所での弁護士資格を有しています。

動画

リンクトインフィード

栄誉と賞

The Best Lawyers in America® 2013-2021に掲載されました。

ワシントン・スーパー・ローヤーズ(2004-2005、2010-2020)に選出

推奨、IAM特許10000、起訴。ワシントン、2012年~2020年

Chambers USA、「Notable Practitioner」、知的財産権。特許(ワシントン)、2017-2019年