パートナー

ジャスティン・E・コー

主に電気工学、電子工学、コンピュータ・ソフトウェアに関する米国および外国の特許審査を担当しており、特許調達、審査、戦略的ポートフォリオ管理を含む。2007 年にポートランド州立大学で電気工学の学士号を取得し、2010 年にアリゾナ大学ジェームズ・E・ロジャース法科大学で法学博士号を取得しました。

知的財産権法の多くの面で経験があり、特に電子、コンピュータ、ソフトウェア技術を中心とした特許法と技術を専門としています。電子・電気デバイス、半導体製造プロセスおよびデバイス、ディスプレイ技術、MEMS技術、医療デバイスおよび医用画像技術、ワイヤレス技術、ロボット工学、人工知能および機械学習、コンピュータハードウェアおよびソフトウェアアプリケーション、太陽光発電ソーラーシステム、光学計測およびシステムなど、幅広い技術分野で特許の準備および出願を行ってきました。

Seed IPに入社する前は、アリゾナ州ツーソンのIP企業でアソシエイトとして働いていた。ジャスティンの技術経験には、オレゴン州ポートランドのPacifiCorpの計測エンジニアリング部門での勤務、および米国空軍での4年間の航空機電気技師としての経験が含まれています。

アリゾナ大学ジェームズ・E・ロジャース法学部(2010年)、法学博士(J.D.)、ポートランド州立大学電気工学科(2007年)、理学士(B.S.

ワシントン州およびアリゾナ州での弁護士資格を有し、米国特許商標庁に登録されています。ワシントン州特許法協会(WSPLA)の会員であり、WSPLA特許庁規則・実務委員会の委員を務めています。


動画

リンクトインフィード

栄誉と賞

2020年ワシントン・ライジング・スターズ®に選出