特許代理人

ヘマント・カーンナ博士

ヘマントは、化学および製薬に関する特許の準備および実務を専門としています。2002年にミシガン大学で医薬化学の博士号を、1994年にブランディーズ大学で有機化学の修士号を、1992年にデリー大学で化学の学士号(優等)を取得しています。

ヘマントは、6年以上の特許審査、特許原案作成、ライセンシングの経験があり、これまでに100件以上の特許出願の原案を作成し、25件以上のオフィスアクションに対応してきました。また、先行技術調査のエキスパートでもあります。化学産業を専門とする知財リーダーおよび主題専門家として12年以上の経験を有しています。

シードIPに入社する前は、クラリベイトアナリティクスで数年間勤務し、リーダーシップ、審査、プロジェクト管理、および品質保証を担当しました。彼の専門分野は、化学、食品、製薬、石油・ガス、市場、技術、およびIPでした。

ミシガン大学在学中には、7年間の博士課程の学生として、低分子阻害剤と低分子-タンパク質相互作用の標識検出に焦点を当てた研究を行っていました。

ミシガン大学-薬用化学-Ph.D. 2002
ブランディーズ大学-有機化学-M.S. 1994
デリー大学-化学-B.S. (優等) 1992

米国特許商標庁に登録しています。ワシントン州特許法協会(WSPLA)およびライフサイエンス ワシントンの会員。

動画

栄誉と賞