パートナー

アイリーン・S・サン博士

免疫治療薬、ペプチド治療薬、アンチセンス治療薬、ワクチン、分子診断、微生物の代謝工学、製剤などのバイオテクノロジー分野の企業の特許準備、出願、ポートフォリオ管理に重点を置いています。また、開発中の製品や知的財産のデューデリジェンスのための操作の自由や特許性の分析においてもクライアントを支援している。

Merck & Co. Inc.の100%子会社である Rosetta Inpharmatics LLC で特許代理人として社内に勤務した経験があります。スプライスバリアント、RNAi、分子診断、遺伝子発現プロファイリングなど、さまざまな技術における特許ポートフォリオ管理、特許申請の準備、実務に従事。

また、Trubion Pharmaceuticals Inc. および Emergent Biosolutions で社内弁護士を務めていました。科学者としてのキャリアにおいては、ホワイトヘッド生物医学研究所でゲノミクスに携わり、ワシントン大学の大学院では梅毒感染時の細菌タンパク質と宿主免疫応答の特徴を明らかにしました。

シアトル大学ロースクール・オブ・ロー - J.D. (cum laude) 2009
ワシントン大学 - 病態学 - Ph.D. 2004
マサチューセッツ工科大学 - 生物学 - B.S. 1994

ワシントン州弁護士会(Washington State Bar) 米国特許商標庁(U.S. Patent and Trademark Office)の弁護士として登録されています。

動画

栄誉と賞