パートナー

ボビー・B・ソルタニ

電気工学およびコンピュータ ソフトウェアに関する米国および外国特許出願、特許訴訟、侵害鑑定、ライセンシング、戦略的ポートフォリオ管理を専門としています。2001 年にオクラホマ大学で電気工学の学士号を、2003 年にオクラホマ州立大学で電気工学の修士号を取得しています。オクラホマ大学法学部で J.D.を取得しています(2007年)。

ボビーは、機械学習、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、ロボット工学、自律走行車、光学、家電製品、医療機器、およびソフトウェア アプリケーションに関連する様々な技術において、国内および国際特許出願の準備と出願実務に豊富な経験を有しています。また、複数の特許侵害問題の訴訟、意見書の作成、ライセンシング、特許ポートフォリオの分析なども行っています。弁護士になる前は、シーゲイト・テクノロジー社および連邦航空局で電気技師を務めていました。

University of Oklahoma College of Law

J.D. 2007


Oklahoma State University

電気工学

M.S. 2003


University of Oklahoma

電気工学

B.S. 2001

ワシントン州(2010年)およびコロラド州(2007年)で弁護士資格を取得し、米国特許商標庁に登録されています。ワシントン州特許法協会(WSPLA)の理事を務めています。

また、米国知的財産法協会(AIPLA)および電気電子学会(IEEE)の会員でもあります。また、ワシントン大学の有名なCASRIP(Center for Advanced Study and Research on Innovation Policy)で米国特許実務に関する講義も行っています。


動画

栄誉と賞

ワシントン・ライジング・スターズ®に選出(2014-2017年