アソシエイト

ビラル・H・アドラ

Bilal は、ソフトウェアおよびインターネット技術に関する特許の準備および実務に重点を置いています。ノース セントラル カレッジ(2016年)でコンピュータ サイエンスの学士号(優等生)を、イリノイ大学ロースクール(2019年)で法務博士号(優等生)を取得しています。イリノイ大学ロースクール在学中に、ビラルは2019年にジョセフ・M・バリッヒ優秀特許法賞とリカート賞優秀リーガルライティング賞を受賞しました。

Seed IPに入社する前は、IL州オーロラにあるCreateASoft, Inc.でソフトウェア開発者として4年間勤務しました。彼は、ソフトウェアライセンスの管理、割り当て、維持、および検証を行うための暗号化およびウェブベースのシステムの設計、開発、および実装を担当しました。また、RFIDリーダーを監視し、RFIDタグをデータベースに記録して機器や製品をリアルタイムで追跡するためのソフトウェアも開発しました。

また、イリノイ州のいくつかの法律事務所でロー・クラークやサマー・アソシエイトを務め、数多くの特許実務や知的財産権訴訟に携わってきました。

イリノイ大学法学部 - J.D. (cum laude) 2019
ノースセントラルカレッジ - コンピュータサイエンス - B.S. (magna cum laude) 2016


Bilal is admitted to the Illinois State Bar and is registered to practice before the United States Patent and Trademark Office. He is a member of the Washington State Patent Law Association (WSPLA).

動画

栄誉と賞